Skip to main content

夏に聴こえる吹奏楽部の音

私の自宅は高校の近くにあり、コンクール予選が近くなると、朝から夜まで吹奏楽の練習の音が響いてきます。

吹奏楽部って大変なのかな?

子供達も音楽にすごく興味を持っているので、進学したら音楽関係の部活に所属するのかなぁ・・・と考えたりします。 しかし、一方で、吹奏楽部は結構きつい部活だと耳にすることもあるので心配な面もあります。

多人数で一つの音楽を表現する吹奏楽部は、長時間練習の常態化や厳しい指導により、運動部以上に“ブラック部活”とささやかれることもあった。

《部活が変わる 吹奏楽部は今》“ブラック部活”とささやかれ… 大会過密「見直しを」

あるニュース記事で読みました。

活動が長時間にわたる要因の一つは過密スケジュールにあるのだそうです。コンクール、ソロコンテスト、マーチング、アンサンブル、そして各校の定期演奏会や地域行事などもあります。これらを限られた時間で仕上げようとすると、生徒や顧問の先生の負担は大きくなることがあるのかもしれません。

吹奏楽部って結構楽しそう!

実際、吹奏楽部の部活は他と比べても大変なこともあるかと思いますが、多人数で1つの音楽を表現するのは、得られることも大きいのかなと思っています。色んな楽器がいて、一生懸命練習できて、互いに切磋琢磨できる環境は非常に良い経験になると思います。

市民音楽祭などで演奏を聞く機会がありますが、皆さん、誇りを持って演奏しているように見えます。また、老若男女、演奏を楽しんでいる年代も様々で、一生の趣味として楽しめる一面もあると思います。

面白い・共感できた 吹奏楽部 あるある

どんな部活でも、楽しい面も厳しい面もあるのが常。「吹奏楽部 あるある」とかで調べると、大変だけど賑やかで楽しそうなイメージです。バンドと比べて、面白いと思ったものや、共感できたものをまとめてみました。

「体育会系文化部」

これはすごく共感できました。バンドだと、音楽のジャンルにも影響も関係するかもしれませんが、ノリは意外と体育会系な部分はあります。体を鍛えるとか、指を鍛えるとか・・・ある程度ストイックになる面があって、影響しているのかもしれませんね。

自分の楽器に名前をつける

私は名前をつけてませんが、ギターやベースなど何本も楽器を所有する人には、名前をつける人も多いようです。練習で使う時間も長くなると愛着も湧くし、曲によっては弾きやすい・弾きにくい、いい音がする、この曲にはコレ!などの意識が高まってくると、名前も付けたくなりますよね。高価な楽器とかで、「やっと手に入れた!」とかのストーリーがあると尚更ですよね。

腹筋が割れてる

これは、吹く楽器特有なのでしょうか?吹奏楽では、まさに運動部のように腹筋も鍛えると聞いたことがあります・・・。女子でも割れているとかスゴイですよね。ちなみに、私は弦楽器を担当しているため、若い頃は指の筋トレはしてました。やり過ぎたのか、足りなかったのか、最近は指の腱鞘炎に悩まされています。

自分の担当楽器の音がよく聞こえるようになる

バンドでも自分の担当楽器の音はよく聴こえるようになります・・・。集中するとその楽器の音しか聴こえない!と錯覚することもしばしば。すごく聴こえているのに、友達に「ベースの音がわからない」って言われると、不思議で仕方なくなるときがあります。

コンクールが終わると、課題曲はまったく演奏されなくなる。

うーん・・・バンドでも自分たちの曲ですら、長い間弾いてないと忘れるんですよね。でも久しぶりに合わせると新鮮だったり!新しい発見・気づきがあったり!

夏は音楽の季節!

子供達はこの夏、ピアノと合唱を一生懸命練習しています。どんな道に進んでも、音楽を楽しむ心は大切にしてほしいな、と思います。

吹奏楽の話題で盛り上がってしまいましたが、サックスをかっこ良く吹いてみたくなったらコレ

>> 憧れのサックスが吹けた!歌うだけでサックスがぐんぐん上達する初心者向け講座