Skip to main content

音楽の才能と絵の才能

音楽と絵を描くことには関係があるらしい

『「絵」を描きなさい』とピアノの先生から言われました。

次女はピアノを弾く時に、曲の雰囲気をうまく表現できていません。淡々と弾くので、間違わずに弾けても、ロボットが弾いているような一本調子になってしまいます。

発表会やコンクールでピアノを弾くときは、間違えないように練習するのも大事ですが、表現力が問われます。コンクールでみんな同じ曲を弾いても、その曲の表情は1つずつ、皆違うように感じます

表現力に自信がある生徒の1人は、先生からコンクール用の曲をもらって、すぐに大きな画用紙に音楽を聴いたときに感じたイメージを描いてきたそうです。

ピアノの先生も、幼い頃から絵を描くのが好きで、音楽と同じように絵画でも賞をもらうことが多かったそうです。先生曰く、「どちらも表現をする作業なので、脳も近いところが刺激されてたんじゃないでしょうか?」という話でした。

いま、次女が練習しているピアノの本には、1曲ずつ「かわいい挿絵」が描いてあります。ピアノの先生とこのような話をしてから、絵をイメージしながら練習しています。コンクールや発表会での演奏に活かせれたらいいな、と思います。

絵を描くのに才能は必要ない?

音楽を趣味にしている人は、絵に興味を持っていたり・絵を描くことが好きな人が多いように思います。

音楽と絵には関係があるそうなので、ぜひ水彩画を始めてみませんか?

ただし!

好きこそものの上手なれ、とはいうものの・・・。

実際は、絵を描くのがとっても好きなのに、自分の絵にいまいち自信がない・・・という方も多いようです。

そこで、「描いた絵を見せて、人に褒められたい。」「もっと上手になりたい。」そんな方に、ぜひオススメしたいものがあります。

それがこちら

>> 現役の画家が教えるとっておきの水彩画テクニックとは!

実は素敵な水彩画を描くために、才能ある、なしは関係ないそうです。

なぜ、才能がなくても、人から褒められる絵が描けるようになるのか?

今日はその秘密を大公開しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

見るだけで絵が驚くほど上手くなるDVD?

【秘密1】

「まね」するだけでグングン上達! 

画家として活躍するプロの先生の描く様子が、はじめから終わりまで、すべて見られます。

「なんでこんな風に描けるんだろう?」と思っていた細部も、ばっちり理解していただけます。 

才能あふれるプロの描き方がそのまま真似できるので、あなたにもすぐ素敵な絵を描けるようになります。

【秘密2】

まずは“大満足の絵”を完成できるから楽しい!

絵は通常「下絵」→「色塗り」という順番で完成させます。

ですが、この講座は気楽な色塗りからスタートです。

先生が描いたプロの下絵があるので、まずは色を塗っていきます。

すると色を塗るだけで、素晴らしい絵がいきなり完成できます。できた!という達成感でどんどん上達したい気持ちも高まります。

「下絵の段階でうんざりしていた」という方も、これなら楽しくチャレンジできます。

【秘密3】

プロ並みの絵の描き方が、すぐにわかる。

人から褒められる作品を描くのは、そんなに難しいことではないとプロの先生はおっしゃいます。

それは、絵の描き方の「本質」を知っているから。

ですが、これは誰も教えてくれないところなのですね。
学校でもなかなか、教えてもらえません。

今回は、その描き方の「本質」をコソっと教えてもらえます。

これを知っただけで、自分の描く絵が驚くほど変わったという感想がドンドン届いているそうです。

こちらから本編のお試し映像をご覧いただけます。ちょと気になる…という方は覗いてみてください。

>> 初心者でもいきなり上手に描ける、プロ直伝!水彩画講座

特別な感性や鍛錬は必要ありません。

あなたも「ちょっとコツを知るだけ」なのです。

  • 好きな作家さんのように素敵な絵を描いてみたいな、という方
  • もっと上手になって周りを見返したいと思う方
  • いつか自分の作品を並べて個展を行いたい方

などなど。

「いきなり上手に描ける水彩画講座」なら基礎を丁寧に学べて、 あなたにもプロ並みの作品を描けるようになります。

さらに

キャンペーン中に申し込めば、期間限定のプレゼントがもらえるそうです。

期間限定のプレゼントは、ここでしか手に入らないプレゼントです。

プレゼントは期間限定です。

キャンペーン期間を過ぎるともらえないので、気になる方は今すぐこちらから内容を御確認下さい。

>> 絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座